新潟大学小児科教授

 齋藤 昭彦 先生 略歴

 

 1991年新潟大学医学部卒。聖路加国際病院小児科研修を経て、1995年に渡米されました。米国での小児科医、小児感染症専門医のトレーニングを積み、2004年より、カリフォルニア大サンディエゴ校小児感染症科助教授、2008年より国立成育医療研究センター感染症科医長、2011年より現職となられました。日米の医師免許を持ち、日本人初の米国小児科学会認定小児感染症学会専門医です。予防接種関連では、日本小児科学会予防接種・感染対策委員会副委員長として、予防接種制度改革のための様々な活動の中心的役割を果たされ、また、最近ではNHK番組 「総合診療医ドクターG」に出演されています。